居酒屋で忘年会のキャンセル料はいつまでで発生するのか?

お酒

2020年は新型コロナウイルスにより、なかなか会社内での飲み会などが減っています。

12月の忘年会に関しても開催するところとしないところで分かれると思います。もし忘年会をするのであれば予約は11月中に済ませていますよね。

ですが11月になるとまたコロナウイルスの拡大により、キャンセルをすることも多いと思います。

では実際にどのくらいの期間でならキャンセル料を取られないのかそして人数変更はいつまで有効なのかを以前居酒屋で務めていた私が解説したいと思います!!

スポンサーリンク

居酒屋で忘年会のキャンセル料はいつまでで発生するのか?

基本的にはお店によって違いますが、宴会自体をキャンセルする場合は早めにお店に伝えなければいけません。

多くの居酒屋(一般的なチェーン店など)は大体宴会の1週間前に伝えなければ一部キャンセル料を頂くというようなことがチラシなどに記載されている場合がありますが、実際にお店側は1週間前じゃなくてもキャンセル料を頂くということはなるべくしたくないのでしないです。なぜならキャンセル料を払わなければいけないところに今後利用したくはないと思う方が多いからです。

居酒屋は宴会の予約が入ったらその分席の確保や食材の発注をしなければいけません。席の確保に関してはいいのですが、食材に関してはお金が発生してしまうので宴会のキャンセルにはお店での対応はそれぞれ異なります。

食材の発注に関しては宴会の日程の3日前に発注することが多いです。

なので最悪でも宴会の日程の3日前に伝えれば確実にキャンセル料はかかりません。

ですが正直当日に何かの事情がない限りで宴会をキャンセルしなければ基本的にキャンセル料を取ることはしない店舗がほとんどだと思われます。

なので最悪前日にキャンセルしたとしてもお店側としてはキャンセル料を取りたいと思う所ですが、受け入れざる得ないことが多いと思います。

 

スポンサーリンク

人数の変更でのキャンセル料は?

「合コン会場を予約する港区男子」の写真[モデル:大川竜弥]

人数の変更はよくあることですよね。

実際に当日にならないと分からないなんてことも多いと思います。

居酒屋も人数変更に関しては慣れている部分もあるので、基本的に寛容に受け入れてくれるところがほとんどです。

なので前日までに人数の変更を受け入れている所がほとんどであると思われます。

ただ宴会の人数が多い場合などでもともと40人で予約していたのに前日に20人に変更するような人数変更はお店側からしてもしてほしくないので、大体は宴会の3日前に大体の人数を確定させておいてその後1名や2名の変更に関しては前日まで承るような形にしている店舗が多いです。

もし当日に人数が減ってしまった場合は、すぐにお店に連絡しましょう!

もしかしたら人数の変更がまだ間に合う可能性はあります。ただここらへんは各店舗の方針によるところなので実際に問い合わせてみるのがいいでしょう!ちなみに当日でも受け入れてくれる店舗は結構いいお店なので今後も利用することをおすすめします!

ただすでに来店してから人数の変更があった場合に関しては、料理代金だけ頂く形にするところが多いです。なので必ず早めに連絡しましょう!だいたい当日の午後3時ぐらいまでなら承ってくれる可能性が高いです。

スポンサーリンク

キャンセル料はいくらぐらいになる?

「なかなかお金が貯まらない…」の写真[モデル:大川竜弥]

では実際にキャンセル料が発生してしまった場合はいくらぐらい払うことになるのかですが、基本的にはコースの料理代金を頂くことが多いです。

1人5000円のコースなら1人大体3500円~4000円の料金のキャンセル料を頂くことになります。

結構高いかもしれないのでキャンセル料が発生しないようにちゃんと連絡をしましょう!

無断キャンセルはダメ!!

最近では飲食店での無断キャンセルが問題となっています。

実際に店舗側からしたらかなりの損害額となります。食材費や人件費、またその日売り上げられたであろう売上など被害にあった店舗はかなりのダメージを受けます。

お店側は無断キャンセルがあった場合、法律上予約した客に損害賠償を請求する権利はあります。ただ具体的にどのくらいの金額を損害したのかの計算が難しく請求できないこともしばしばあります。

仮に無断キャンセルをしてお店に相当な被害額を出してもお店側が訴えなければ何も発生しませんが、お店側はその気になれば訴える権利はあるので必ずキャンセルする場合は連絡をしましょう!

3~5名程度の小さな宴会などならお店側も多めに見ますが、20人~30人ぐらいの大きな団体の予約となるとお店側も本気になる可能性はあります!

まとめると無断キャンセルはお店に多大な迷惑が掛かり、仮に損害賠償を請求されても文句はいえないです。何よりモラル的にやっては駄目ですね。

まとめ

 

例え居酒屋の予約でもキャンセルするとなるとお店側はかなりの損害になるので必ず早めに連絡はしましょう!

 

それにしても忘年会がキャンセルになるのは悲しいですね。

毎年行っている忘年会が2020年は開催できないところが多いと思います。なかなか外にも出歩けなくなってしまいましたので、もしかしたらオンラインで忘年会をやるという所も多いのではないでしょうか。

実際にお店でお酒を飲めることがいつできるようになるのかはまだ分かりませんが、今は出来るだけ我慢してコロナウイルスの感染拡大を避けましょう!

 

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました