ネットカフェでシャワーだけの利用は出来る?料金はいくらになる?

役立つ情報

近年、ネットカフェにシャワーをルームを導入している店舗が多くなってきました。

深夜終電を逃してしまった際などに、シャワーを浴びれて泊まることもできるネットカフェは便利ですよね。ただシャワーだけ浴びてさっさと帰りたいという時もあるかと思います。

今回はそんなネットカフェのシャワーを利用する際のどうなっているのかについてまとめていきます。

スポンサーリンク

シャワーを導入しているネットカフェはどこ?

まずネットカフェでシャワーを導入しているチェーン店を紹介します。ネットカフェでシャワーを貸し出しいている店舗は

・快活CLUB
・自由空間
・コミックバスター
・マンボー
が有名ですね。
お近くに地域にどれかしらは存在するのではないでしょうか。
一部の店舗にはシャワーがない場合もありますが、ほとんどの店舗はシャワーを貸し出ししています。
スポンサーリンク

シャワーだけ利用することは出来る?

まず、ネットカフェでシャワーだけ利用することは可能です。

ただしネットカフェでシャワーを利用する場合にはいくつか注意点があるので、そこだけは押さえておきましょう。

利用料金は?

ネットカフェでシャワーを利用する際は、基本的に通常料金とは別で料金が発生する場合もあり、チェーン店によっては無料で利用できることもあります。

それでは各チェーン店を比較してみましょう。

快活CLUB

快活CLUBのシャワーは、基本的に無料です。利用方法は、店員さんに言う必要はなく自由に入ることが出来ます。

自由空間

自由空間のシャワーは、基本的に別料金にしている所がほとんどです。利用する際には店員さんに申告する必要があります。

利用料金は、430円程度にしている所が多いです。

コミックバスター

コミックバスターのシャワーは、基本的に無料です。利用方法は、店員さんに言う必要はなく自由に入ることが出来ます。

マンボー

マンボーのシャワーは、基本的に別料金にしている所がほとんどです。利用する際には店員さんに申告する必要があります。ただし、3時間以上利用する際には無料になることがあります。

利用料金は、10分で110円、30分で300円程度にしている所が多いです。

時間は決まっている?

利用する際の時間もチェーン店によって異なります。それぞれの時間は下記のとおりです。

チェーン店名 シャワー利用時間
快活CLUB 15分を目安
自由空間 記載はなし
コミックバスター 20分
マンボー 10~30分(料金によって異なる)

ドライヤーやタオルは?

ほとんどの店舗にてドライヤーとタオルは無料で貸し出しをしています。

ちなみにですが、シャンプーやボディーソープも完備している所が多いです。

有料のアメニティもあるので、女性が利用する場合は、洗顔フォーム・くし・メイク落とし・化粧水・乳液、これらは持って行った方がいいかもです。

男性の場合は、髭剃りなどがアメニティにあります。

清潔感は?

正直に言いますと、ネットカフェのシャワーの清潔感には期待はしないほうが良いです。

めちゃくちゃ汚いわけではありませんが、ホテルのようなシャワーと比べるとさすがに劣ります。ただしかし、あまりにも汚くて使えないほどではないですね。

男女は共有なの?鍵は掛かる?

基本的にどのネットカフェもシャワーは男女共用です。ただし、シャワールームは個室になっており、鍵も閉められはします。

洗面所もあるので、身だしなみも整えられます。

スポンサーリンク

まとめ:ネットカフェでシャワーだけ利用することは出来る

以上、ネットカフェのシャワーについてまとめてみました。

チェーン店によってシャワーの利用方法は異なりますが、基本的にはどこも安く利用できるのが良いですね。個人的には「快活CLUB」のシャワーが一番きれいですし、料金も無料なのでおすすめです。

快活クラブのシャワーの使い方は?料金や時間はどうなっているのか?
終電を逃したときなどに急遽泊まれることのできるネットカフェ。その中でも快活クラブは非常に過ごしやすいです。もし宿泊する際はシャワーなども浴びたいですよね。そんな快活クラブでのシャワーの使い方などはどうなっているのか見ていきましょう!

また他にも快活CLUBについてまとめていますので、良かったら参考にしてみて下さい。

*快活CLUBの参考記事

 

 

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました