【2022年】バレンタインの日に職場で渡すチョコの相場はいくら?

バレンタイン

2月14日のバレンタイン。好きな人にチョコを贈る日ですが、普段お世話になっている職場の上司や同僚に義理チョコを渡す場合もありますよね。

今回はそんな職場で義理チョコを渡す時のチョコの相場をまとめてみました。

【バレンタイン】職場で渡すチョコの相場

では職場でチョコを渡す場合の、相場の価格を見ていきましょう。今回は一般的な同僚の場合と上司に場合の相場を見てきます。

一般的なチョコの相場

同僚などの仕事仲間にあげる義理チョコの相場の価格ですが、基本的には500円以内です。

あくまで一般的な相場なので、職場の環境や男女の構成比率によって変わってきます。

男性の方が多い職場の場合は、500円よりももっと低い可能性もあります。基本的には個人に渡すのではなく男性一同へ渡す方がいいでしょう。大きい詰め合わせのチョコとかが無難ですね。

上司に渡す相場

上司にチョコ渡す場合に一番重要なのは、その上司の性格です。

あまり気にしない人であれば、基本的には同僚に渡すものと同じで構いません。なので500円ぐらいですね。

ですが上司が気にする場合は、少しだけ高いものが良いでしょう。その時の相場は500円~1000円ぐらいです。

【バレンタイン】チョコを渡す時の注意点

ここで、バレンタインの相場の価格が分かったとしても注意しなければいけない点がいくつかあります。

渡すことがOKか確認

まずは、会社内でバレンタインの日にチョコを渡すのがOKなのかどうかを確認しましょう。

近年では余計なトラブルを回避するため、バレンタインの日にチョコを渡すのを禁止にしている会社が多いです。

ですが現状では、まだ8割ぐらいの会社は義理チョコを贈る文化が残っています。なのでとりあえずは自分の会社がどちらなのかを確認しておきましょう。

複数に渡す場合は平等に

職場で複数人の男性にチョコを渡す場合は、『平等』を意識しましょう。

お世話になっている人や仲がいい同僚やそうでない同僚でも、基本的には同じものを渡してください。

もし人によって違ってしまうと、誤解やトラブルの原因となるからです。

渡す時間帯は退勤後がベスト

職場でチョコを渡す場合は、忙しい時間に渡すことは控えましょう。特に朝などはメールなどの確認をしたり、一日のスケジュールを立てていたりなどするので、朝に渡すのはいけません。

基本的には、業務が終了した退勤後が一番おすすめです。ですが渡す人が多い場合などは昼休みなどでも大丈夫です。

【バレンタイン】職場で渡すチョコのおすすめは?

では職場で渡すのにぴったりなチョコの紹介をしていきます。

お世話になっている上司の場合

お世話になっている上司に渡す場合のチョコは、『生チョコレート』などがおすすめです。

一応のおすすめは、「Roycs(ロイズ)」の生チョコレートです。値段も700円ぐらいなので丁度いいですね。

大人数の同僚の場合

会社全体や部署単位でチョコを渡す場合は、大きい袋に入っているチョコレートのお菓子がおすすめです。特に小さな包装に包まれたチョコなどは、仕事をしながらでも食べれるので以外にも男性からは好評です。

おすすめとしては、キットカットブラックサンダーなどが良いですね。

まとめ:職場で渡すチョコの相場はいくら?

以上職場で渡すチョコの相場でした。

基本的には500~1000円が一般的です。基本的には大きい袋に入っているチョコのお菓子を「男性一同へ」と社内チャットなどで報告して、目の見える範囲においておくのが良いでしょう。

所詮は義理チョコなので、出来るだけ安く抑えて、トラブルや負担にならないようにすることが良いですね。

*まとめて読みたい!
タイトルとURLをコピーしました