世界で有名なジョンラッテンベリーの美しすぎる絵画とその経歴

絵画

世界で有名な画家の一人であるジョン・ラッテンベリー。今回は現在も活躍されている彼の経歴や作品について語りたいと思います!

 

スポンサーリンク

経歴と紹介

1996年、イギリスに生まれる。以後家族とともにアメリカ・カルフォルニア州北部へ移住

幼少の頃は周囲に広がる美しい谷、湖、河などを探検し、その恵まれた自然環境に感化され、5歳で絵を描き始めるようになる。学生時は様々な賞を受賞し、絵を描くことへの強い欲求と信念のもと、美術の道へ進み現在に至る。

 

彼は作曲という分野でも才能を持つ彼は、絵画の制作と並行して、ピアノやシンセサイザーで音楽へも命を吹き込み、CDアルバムも出すという多才の持ち主でもある。音楽活動からもたらされる自由な発想が、絵画制作に多大な影響を与え、自然の美しさの信髄を大胆かつ柔軟に、時には私たちの想像を裏切るような独自のスタイルで描かされるのである。彼は音楽と絵画は切っても切り離せないものであるし、バランスを保ってくれる表現の手段であると語る。心の声をサウンドにしそのサウンドをビジュアル化したものが彼の作品であり、彼本来の魂が作品に宿っている。音楽と絵画の両分野、自分自身をこんなにも深く表現することができた作家はいなかっただろ。

また、作品を形作る要素として兄の存在が起因するところもあるのだろう。双子の兄、ティムとの密接な関係は非常に興味深く、同時に二人で同じことを口にしたり、離れていてもお互い何を考えているか直感的に分ったり、夢に見ることもあるという。双子として生まれながらに備わった第六感、彼の宇宙観と重なり、実に幽玄で朧げな雰囲気と、吸い込まれてしまいそうなほどの美しさを持った世界を作り上げるのだ。ラッテンベリーが作品に託す「夢」や「ビジョン」は、光と多彩に満ちた神秘的な場所であり、永遠に離れ続ける厳かな風景でもある。私たちの感じえないテレパシーが、彼に多大なインスピレーションを与えているのかもしれない。今後も目の離せない作家の一人である。

現在は妻、二人の子供と共に、カルフォルニアのフォルサムに住んでおり、週末は家族と共に過ごし、子供たちとのコミュニケーションを欠かさない豊かな生活を送っている。インスピレーションの源でもある美しい環境と、自然に囲まれた暮らしは、家族を大切にするラッテンベリーにとって安住の地であるといえるだろう。彼の作品は、アメリカの数多くの美術ギャラリーや美術展、アートエキスポといった展示会にて発表され、ヨーロッパ、また世界中のギャラリーからも高い評価を得ている。これから、ますます期待される絵画会の新星である。

 

スポンサーリンク

作品

すべての作品は紹介できませんが一部を紹介させていただきます。

ウィンド スウェプト サミット(2005)

 

レイディアント ショアーズ(2005)

 

月明かりの山脈(2005)

 

ウィンタースター(2007)

 

星の降る夜に(2008)

 

自由の風(2008)

 

ドリームフィールド(2008)

 

 

スポンサーリンク

まとめ

ジョンラッテンベリーいかがだったでしょうか。ほとんどの人はあまり知らないかもしれませんが、絵画に興味を持った人ならば皆知ってるぐらい有名です!彼はまぶたを閉じ頭に浮かんだ光景を描いているともいわれているほどに天才です!今後の彼の活躍に期待したいですね!

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました