ワタミの宅食だけではない!元店員が居酒屋業界の労働環境の実態を調査!

今年9月15日にワタミ株式会社の「ワタミの宅食」で月175時間の残業未払いのニュースが話題を呼んでいる。2008年にもワタミでは過労自死事件があり「ブラック企業」という言葉も出来ました。今回は以前居酒屋での店員の経験を持つ私が居酒屋業界の労働環境の実態について調べてみました。

 

スポンサーリンク

ワタミの宅食での事件

今年9月15日、元参議院議員の渡邉美樹氏が代表取締役会長及びCEOをつとめる「ワタミ株式会社」に対して、高崎労働基準監督署から残業代未払いに関する労働基準法37条違反の是正勧告が出された。

労基署に申告したAさんは、「ワタミの宅食」で正社員として勤務し、長時間労働によって精神疾患に罹患して現在休職中だ。Aさんの長時間残業は、精神疾患に罹患する直前の1ヶ月前である6~7月には、過労死ラインの2倍となる月175時間に及んでいたという。Aさんはすでに高崎労基署に労災を申請済みだ。

2008年の新入社員の過労自死事件を機に、「ブラック企業」批判が相次いだワタミは、「ホワイト企業大賞」(実際には応募した企業のほとんどが何らかの賞を受賞している。詳細は下記の記事を参照)の特別賞受賞をアピールするなど、対外的に労働条件の改善を宣伝することに邁進している。しかし、渡邉美樹氏が昨年10月にCEOに返り咲いて1年足らずで、長時間労働で労働者を使い捨てにする「ブラック企業」ぶりを改めて露呈することとなった。

引用:Yahoo!news

今回は前回の事件とは違い居酒屋での労働での問題ではないですね。ただ会社は同じなのでやはり考え方の問題になってくると思われます。

スポンサーリンク

居酒屋業界の労働環境の実態は!

今回はワタミの会社が問題に上がりました。

ですが実際は居酒屋業界の会社は全部ブラック企業なのでしょうか?

答えはすべてではないがほとんどの会社がグレーだと思います。

まず昔の居酒屋業界の方たちは労働時間が長く働いたほうが認められていた時代があります。これは10年以上前のことですね。まだ居酒屋業界が盛り上がっていた頃です。このころは売れていたので営業時間が長ければ長いほど売り上げも上がっていきました。なので必然的に長く働いていた人が結果を出せる時代でした。なので今、会社に残っている上司の方はその時代を引きずっている可能性があります。そんな人たちが会社の方針を決めていても変わりませんよね。

ただそのことに気付いている会社は変わろうとしています。昔と違い今は働き方改革というのも出てきているので各企業も労働環境に対しては以前ほど改善しようと努力はしています。ただ今回のワタミのような会社は昔の考え方を捨てきれなかったのかもしれません。

スポンサーリンク

実際の労働時間は?

労働環境に対して各企業改善を頑張っているのですが、そこまで改善出来ているのかといわれるとまだまだ改善は出来ていないところがほとんどだと思われます。原因としては人員不足が一番の原因です。今どの企業も人員不足で苦しんでいます。まぁイメージは良くないですからね。私は以前新卒で入社した時は100名ほど新卒がいましたが、今では30名ほどだそうです。しかもそのほとんどが外国人の雇用です。いくら人がいても労働の質は落ちてくるので、なかなか労働環境を改善していくのは難しそうです。

私は実際の残業時間は平均すれば月50時間ぐらいでしたね。人員不足に困っていな店舗なら月30時間も可能でした。ただ人員不足な店舗でランチもやっている長い営業時間の店舗に配属されると月80時間はいっていたかもしれません。あとは繁忙期の時期にもよります。ただ固定残業代が40時間だったので超えた分の残業代は支払われていました。

といってもやっぱり長いですね。ただ居酒屋業界全体の残業時間はこのくらいだと思います。

まとめ

今回は居酒屋の労働環境について書きました。結論として業界全体の労働環境は良くないところがほとんどです。ただ以前よりは改善を努めていこうと各会社は努力しています。ワタミさんの今回の事件は良くないですが、それに近いことはどこに行ってもあるかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました