渡部アレルギーによって「ガキ使」の出演がカットになる可能性も!

芸能

2020年6月に“多目的トイレ不倫”を暴かれたお笑いコンビのアンジャッシュ渡部建が活動自粛から復帰するにあたって年末放送の「ガキの使い」での出演が決まりましたが、世間からの批判が多く「渡部アレルギー」という言葉が出来るようにもなりました。

「渡部アレルギー」という言葉が出来るようになった理由とガキ使への出演へ影響でカットになる可能性についてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

「渡部アレルギー」という言葉が出来るようになった理由

きっかけは復帰のする大晦日に放送の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』の特番『絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス24時』に渡部が出演することが報じられたのがきっかけです。

本来はゲスト出演が誰なのかについては日テレ幹部も誰か教えてもらえないのですが、なぜか情報が漏れてしまったそうです。

これによって騒動以降、謝罪会見をしなかった渡部さんですが、12月3日夕方すぎに急遽、謝罪会見を開くことになりました。

この一連の流れで世間からはいままで謝罪会見をしていなかったのに、会見をせずに復帰することによって、ダウンタウンの番組そのものが傷ついてしまう可能性があり会見を開くことに対して批判がはじまり徐々にエスカレートしてスポンサーのまで批判するような出来事となりました。

それからは渡部さんの情報が出るたびに批判は止まらず「渡部アレルギー」という言葉が出てきました。

ちなみに「渡部アレルギー」という言葉を作ったのはマスコミが作った言葉です。

 

スポンサーリンク

渡部アレルギーによって「ガキ使」の出演がカットになる可能性も!

「ガキ使」の出演がカットになる可能性も十分にあります。

なぜなら本来は記者会見はなく出演予定だったのですが、出演の情報が漏れてしまいそれによってガキ使のスポンサーへの印象まで下がってしまうことにより記者会見が開かれたので、このまま批判が高まればカットする可能性は高いです。

個人的にはいじられることによって笑いに変えていってほしいと思っているので、記者会見で反省の色をみせてほしいと思っています!

スポンサーリンク

記者会見後の反応

会見後の世間の意見はどうなったのか見ていきます!

渡部さんの答えに納得できない意見も多くありますが、いじめのような会見だとの意見もあります。

記者会見を見る限り貴社の方の質問がえぐかったなという印象でしたね。

また今回の報道ではまだガキ使の出演の予定は分からないということでした。

このままだとガキ使の出演もカットになりそうです。

またダウンタウンの松本人志さんのツイートで「渡部さんとの共演は当分ない」と呟いているのでカットとなる可能性が高いのではないでしょうか。

 

世間の反応

まとめ

やったことへの罪は消えないですし擁護するつもりもありませんが、ネットでの誹謗中傷すること方たちのやりすぎ感はありますね。

「渡部アレルギー」という言葉を作ったマスコミにも問題があると思います。

 

 

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました