RT制限っていつまでなのか?理由や変更内容、引用RTの制限を調査!

twitterが10月20日からリツイート(RT)の仕様変更を一時的に制限すると発表しました。いつまでの変更内容なのかや変更内容、引用RTについてまとめてみました。

スポンサーリンク

RT制限って何が制限されるの?

twitterには投稿を転載する「リツイート(RT)」の機能があります。今後はそのRT機能を利用する際に利用者自身のコメントを書き込む画面が表示されるようになります。今まではコメントを書き込まずともできましたが、今後はRTのボタンを押すと、利用者自身のコメントを書き込む「引用ツイート」の画面が表示され、なぜツイートを転載するのかを考えるための手間が増えました。

理由は誤った情報の拡散を防止するためです。

スポンサーリンク

RT制限っていつまで?

一時的と言われているのでいずれは解除されます。もともとはアメリカの大統領選挙で誤った情報を流さないためなので来月開催の大統領選挙が終わるまでだと思われます。具体的な日時は公式でも発表はされていませんが、アメリカ大統領選挙が行われる週なので11月8日ぐらいには解除されるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

制限の対象のアカウントは?

RTの制限される対象は、ニュースでは全世界と報じられています。

ただTwitterのサポートでは

  • 米国の政治家が所有するアカウント
  • 10万以上のフォロワーを持つ、米国を拠点とするアカウント
  • 誤解を招くツイートを発信したアカウント

となっているのでもしかしたら日本は関係がないのかもしれないです。ただ誤情報かもしれないのでまだわからないですね。

 

 

引用RTはどうなの?

引用リツイートの機能に関しては制限はありません。

もともと引用RTは利用者のコメントを書き込むことでリツイートが可能なのでRTする意思が考えることを促すことができるからです。

ネットの反応

少なからず影響が出る人はいそうですね。

まとめ

現在SNSで情報があふれる社会なのでtwitterの機能が制限が入るのに困る人たちもいることでしょうね。ただ選挙までなので少し我慢して解除を待ちましょう。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました