Twitter上でフリート機能を使う人はフリーターと呼ばれる理由(所以)は?

Twitterで11月10日より、24時間でツイートが消える「フリート」機能が出来ました!翌日よりフリート機能を使う人が急増しフリート機能を使う人は「フリーター」と呼ばれるようになりましたがその由来は何なのでしょうか?

 

スポンサーリンク

Twitterで「フリート」機能

 ユーザーはテキスト、画像、動画、ツイートをフリートとして投稿できる。「Facebook」「Instagram」といったSNSの「ストーリー」機能と同じく、投稿は24時間後に自動で消去される。

タイムラインには、フォロワーが投稿したフリートを確認できるバナーも表示する。フリート内でライブ配信ができる機能や、絵文字などの「ステッカー」を使える機能も近日中に追加する。

Twitter Japanはフリートの提供により「個人的で気取らない感情、意見、感じたことなどを共有しやすくなる」としている。

引用:https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2011/11/news084.html

インスタグラムのストーリーのような感じですね。

これによって1日で消えるからとみんなが見たくないツイートが増える可能性もありますね。

スポンサーリンク

Twitter上でフリート機能を使う人はフリーターと呼ばれる理由

Twitterの新機能、フリートを多用する人のことを「フリーター」と呼ばれることがTwitterで話題となっています。

フリーターと呼ばれる所以ですが、フリート機能を実際に使っている人はフリーターかニートしかいないからとの偏見から来たと噂されています。

 

また

ツイートするのはツイッター

フリートするのはフリーター

のような馬鹿にしたような言い方にもなっていますね。

これに対して

との意見もありますがみんなネタにしているような感じですね。

スポンサーリンク

まとめ:Twitter上でフリート機能を使う人はフリーターと呼ばれる理由

「フリート」と「フリーター」と文字も似ているので言いたくなる気持ちは分かりますね。

フリートを毎日たくさん投稿する人を「フリーター」と呼ぶようになることも近いかもしれませんね。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました