お酒の賞味期限は?リキュールやウイスキーなど種類ごとに解説!

お酒

お家の掃除や整理をしている時に、お酒を見つけたことなどありませんか?ただ昔のお酒って飲めるのかどうか気になりますよね。この記事ではウイスキーやリキュールなど種類ごとに詳しくお酒の賞味期限について解説していきたと思います。

スポンサーリンク

お酒に賞味期限ってあるの?

お酒には種類によって賞味期限があるのもとないものがあります。基本的には賞味期限がないものが多いですが、賞味期限がなくてもおいしく飲める期間というものは存在します。では具体的にはいつまでおいしく飲めるのかについて種類別に見ていきましょう。

スポンサーリンク

お酒の賞味期限

では種類別に賞味期限や美味しく飲める期間を見ていきましょう!

ビール

缶ビール

コンビニなどに売っている缶ビールですね。発泡酒も同じです。

缶ビールの賞味期限は、基本的に製造~9ヶ月と記載されていることが多いです。

ですがそれはビールの風味などを損なわず飲むことができる期限であるので、缶ビールの賞味期限が切れたからといっても、腐って飲めないということはありません。

だいたい賞味期限切れたビールは期限が切れてから約半年はまだ飲むことは出来ます。ただ少し風味が薄いかもです。半年以上たってしまったビールは風味よりも炭酸が弱ってしまい美味しく飲むことが出来ません。

瓶ビール

瓶ビールも同じく賞味期限製造~9か月となっています。

こちらも賞味期限がきれても飲むことは出来ますが、缶ビールほど密閉できていないため期限が切れてから約3か月が限界です。それ以上は風味と炭酸が弱くなって美味しく飲めないので缶ビールよりも早く飲むようにしましょう!

 

樽ビール(生樽)

なかなか個人で持っている人は少ないと思いますが、お店などではよく使われています。

未開封であれば缶ビールと同じ賞味期限ですがもし開封しているのであれば2,3日で飲みきってしまうほうがいいです。生樽は空気に触れやすいのですぐに酸化してしまいます。

チューハイ

麒麟の氷結やストロングなど缶チューハイですね。

こちらも賞味期限製造から9か月と記載されていますが、ビールと同じように期限が切れても飲むことは出来ます。

半年程度は飲んでも分からないぐらいに美味しく飲めます。ただそれ以上は炭酸が弱くなってしまうので美味しくは飲めないのでおすすめはしません。

焼酎

 

焼酎に関しては賞味期限はありません

焼酎はアルコール度数が高いので菌が生存できないので腐ることありません。なので焼酎などは賞味期限の記載などはないはずです。もし焼酎にのラベルなどに日付が記載されていた場合は製造した年月になっているので賞味期限ではありません。

ただ10年や20年たって飲んでも大丈夫なのという疑問もあるかもしれません。

答えは保管がきちんとされていれば問題ないです!

ただ少し風味は落ちる可能性があります。

なので買った時と同じぐらいの風味を残して飲みたい場合はボトルなら2年、紙パックなら1年半ぐらいが目安ですね。

日本酒

日本酒も同じく賞味期限はありません

基本的にはいつまでも飲めますが、こちらも風味を残しておいしく飲める期間はあります。

加熱された日本酒(通常の日本酒、吟醸酒など)であれば製造から約1年です。

加熱されていない日本酒(生酒、生貯蔵といったもの)製造から半年が目安です。

リキュール

リキュールは、蒸留酒に果実、ナッツ、ハーブなどの薫りを移し、その上で砂糖や着色料などで調整を施したアルコール飲料のことをいいます。カシスやウォッカなどが有名ですね。

比較的に賞味期限がないものが多いのですが、カシスは果実を使ったフルーツ系のリキュールは賞味期限の記載があります。

またミルクなどを使ったリキュールは賞味期限は早いです。

これらのリキュールは賞味期限が過ぎたら飲まないほうがいいです

ワイン

ワインには賞味期限はありません!

むしろワインは瓶に詰められた後熟成するからです。そもそもワインは腐ることはないので味わいが劣化するようなことはありません。

 

ウイスキー

ウイスキーも賞味期限はありません

ウイスキーもワインと同じように熟成します。このウイスキーは何年物のウイスキーなど聞いたことはないでしょうか?

なので賞味期限などは気にしなく飲んでいただいて大丈夫です。

スポンサーリンク

未開封ならどうなの?

基本的に未開封であれば保存状態がよければ問題ないです。

ただ賞味期限が記載されているものは期限を過ぎた後は未開封でも美味しくは飲めない可能性はあります。

未開封と開封済みのものであればやはり風味などの違いは出てきますね。

お酒の保存方法

基本的にすべてのお酒は直射日光に弱いです。また温度も重要です。酸化させないよう

保存方法としては直射日光を避け、高温多湿な場所で保管しましょう。

日本酒は風味が命なところがあるので冷蔵庫に入れていたほうが風味が長持ちするのでおすすめです。特に生酒などは風味の劣化が早いので冷蔵庫で保存するのが基本です。

ワインも風味が命なので開封したのであれば冷蔵庫で保管したほうがいいです。

なのでワインと日本酒は少しデリケートに扱ったほうがいいですね。

賞味期限が切れたお酒の使いみちは?

もし賞味期限が切れたり、風味が弱くなってしまった場合

日本酒やワインであれば料理に使うことが出来ますね。

ビールであれば掃除などに使うことが出来ます。ビールにはアルコールやビタミンEが含まれており油汚れなどを落とすのに非常に効果的です。キッチン周りなどで使えそうですね。

まとめ

 

 

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました