マツコ・デラックスが引退発言するのはいつ頃?理由は事務所が原因か?

「ホンマでっかTV」を卒業して以前から騒がれていたマツコ・デラックスさんの引退が現実味を帯びてきました。現在バラエティー番組で活躍されているマツコさんですが、彼女自身どのように芸能界について考えているのかまとめてみました。

スポンサーリンク

マツコ・デラックスが引退する理由は?

以前よりマツコさんが芸能界を引退すると騒がれていました。

発端は2019年、『5時に夢中!』にてNHKから国民を守る党(N国)に対し「ふざけて(票を)入れている人も相当数いるんだろうな」と批判したことで立花孝志党首から3週連続で抗議行動を起こされることになりました。マツコさんはこの事件により立花氏がテレビに出ているとパニック状態に陥ってしまうほど病んでおり、以前からの持ち味であるキレのある毒舌トークがやにくくなり、「言葉が出てこなくなったら辞めようと思う」と番組内で発言し周囲の人達に引退のタイミングを語っていました。


批判などは気にしないようなイメージですが、実は内面は繊細でかなり参っていたそうです。事務所関係者や親しいスタッフさんなどには「引退したい」「休みたい」などと弱音を吐いていたらしく、マツコさん自身も芸能界で居づらく感じてしまったのかもしれません。

スポンサーリンク

マツコ・デラックスが引退するのはいつ頃?

一応マツコさんから直接引退するという発言はありません。

引退についてのマツコさんの発言として

2019年、「行列のできる法律相談所」にて

「言葉が出てこなくなったら辞めようと思う。最近ちょっと詰まるようになってきているのよね。老化なのかネタ切れなのかわからないけど」

と発言しています。

そして引退するのではないかという序章はあります。

2020年9月に10年間レギュラーを務めていた「ホンマでっかTV」を卒業しました。最後は花束を受け取るシーンとナレーションと字幕のみであっさりと卒業してしまいました。

これに対し「番組ともめたのでは」と噂されていましたが、理由は舞台などにも挑戦していきたいというものでした。

さらに2020年9月27日に放映された『おしゃれイズム』の終盤では、「くりぃむしちゅー」の上田さんがゲストのマツコへ唐突にこんな質問をするシーンがありました。

 

上田「この仕事辞めようと思ったことある?」

 

マツコ「いま思っている。もう本当、誰も来ないようなところに引っ込んで、(番組のMCを務めている森)泉ちゃんじゃないけど、畑を耕して……」

 

所属事務所の先輩でもある上田さんもマツコの今後が気になり率直な質問に対し、マツコさんも引退願望を素直に語っていました。

 

そして実は所属事務所にも動きがありました

彼女の所属している事務所は「ナチュラルエイト」という小さな事務所です。

ナチュラルエイトでは2020年夏ごろから突然リストラに着手しました。

会社のA社長は社員たちに対して、『これからは正社員という立場ではなく、業務委託契約で働いてほしい』と、伝えたそうです。その理由としては『近い将来、この会社もたたむつもりだから』ということです。新型コロナウイルスによって経営が難しくなってきているともあり今後は正社員からフリーになってもらうよう契約を改めているそうです。

事務所がなくなってしまったときマツコさんはどのような行動に出るのでしょうか。

2020年現在ではまだマツコさんのレギュラー番組は多数あります。

月曜
【TOKYO MX】

5時に夢中 17:00~

【日本テレビ】

月曜から夜ふかし 23:59~

火曜
【TBS】

マツコの知らない世界 20:57~

水曜
木曜
【フジテレビ】

アウト・デラックス 23:00~

【テレビ朝日】

夜の巷を徘徊する 24:20~

金曜
【テレビ朝日】

マツコ&有吉 かりそめ天国 20:00~

土曜
【日本テレビ】

マツコ会議 23:00~

引用:https://naturaleight.co.jp/matsuko/

すぐには引退はしないと思われますが、来年や再来年にはどうなっているか分かりませんね。今後活動を縮小していったときにまた引退のうわさが流れそうです。

スポンサーリンク

マツコ・デラックス引退についてのネットの反応

やはりまだ引退はしてほしくないです。

マツコ・デラックスは引退後どうするのか?

マツコさん自身やりたいことはあるそうです。

舞台をやりたいともあり、実際にコロナウイルスが広まらなければ土日に全国ツアーをしたいと語っていました。

そして農業にも興味があり、転身しようか迷っていると番組内で発言もされていました。

 

もしかしたら引退後は違った形でマツコさんの活躍が見れるかもです。

まとめ

マツコさんももうすぐ50になる歳なので現在のスタンスのまま仕事を続けるのが辛くなってきたのかもしれません。ご自身でも芸能活動以外に興味をもっているので今が判断の時期なのかもしれないです。

 

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました