加熱式タバコは飲食店で喫煙できるの?喫煙可能な条件とは!?

役立つ情報

2020年4月施行の「改正健康増進法」が発令されました。大きな目的は「受動喫煙の防止」です。従来から対策は講じられていたが、今回の改正法ではより厳格なものとなり、多数の利用者がいる施設や旅客運送事業船舶・鉄道、飲食店などの施設が屋内で原則禁煙になる。これにより、室内での喫煙は原則禁止となり、これまでタバコが吸えていた飲食店やパチンコ店なども、一斉に喫煙できなくなりました。いま喫煙者が知っておくべきタバコのこれからをまとめてみました。

 

 

スポンサーリンク

加熱式タバコは飲食店で吸えるの?

紙タバコとは別の周りにあまり害を出さないアイコスやグロー、プルームテックのような加熱式タバコはどうなのでしょうか。ちなみに電子タバコ(日本で販売しているもの)は、たばこの葉を使っていないので、たばこには含まれませんので喫煙可です。

 

答えは原則的には禁煙です。ですがお店側が加熱式タバコと禁煙を分煙させていれば喫煙可となります。また小規模店ではタバコ自体すべて喫煙可のところもあります。

一応現在の段階では紙タバコも加熱式タバコも同じ扱いとなっています。基本的にはNGなのですが、ただすべてのお店が禁煙というわけではありません。お店側が分煙を行っていれば加熱式タバコは喫煙可です。また喫煙所をお店が設置していればそちらでも喫煙可能です。

タバコ 加熱式タバコ分煙エリア 禁煙エリア 喫煙所
加熱式タバコ 不可
紙タバコ 不可 不可

ですがまた例外で店舗規模では対象外となっている店舗もあります。それは、

①2020年3月31日時点ですでに営業を開始しており、

②資本金が5000万円以下

③客席面積が100平米(約30坪)以下の店。

①~③を満たす店舗は、「全面喫煙可」であることと「20歳未満立入禁止」の旨が明記された標識さえ掲示すれば禁煙・分煙化の必要はないとのことです。

なので席数50席程度以下のお店で2020年4月より前に開業しているお店は全面喫煙可です。

小さい個人店の居酒屋やバー、スナックなどは基本的には喫煙可能なところが多くなりますね。

 

 

スポンサーリンク

将来的にはどうなるのか

「屋内原則禁煙」となった今も、小型飲食店やバーやスナックなどはこれまでどおりのルールと変わりません。つまり、紙巻きタバコでも加熱式タバコでも、テーブルで自由に喫煙できるのだが、これはまだ政府が「タバコがあるから成り立つ店」と判断されたただけである。どうしてもお酒と一緒に喫煙を楽しみたいなら、行きつけのバーを確保しておくことをおすすめします。

また小型店が喫煙可の理由は店内に喫煙室を置くスペースがなかったり、禁煙化することで経営的なダメージを被る可能性を見越したうえでの配慮であるためである。新規オープンした小型店はこの限りではなく、屋内で喫煙するには喫煙室の設置が義務づけられるようになります。

昨今で日本では急速に喫煙場所が減り、将来的には小型店も喫煙室の設置が義務化されるはずです。特に紙巻きタバコは今後一層厳しい規制になることでしょう。加熱式タバコは、喫煙者にとって最後の手段なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました