Go to イベントはスポーツやレジャーだけコンサートは非対象?

話題

10月26日より「Go To イベントキャンペーン」のイベント主催者の公募が始まりました。現在コロナウイルスの影響でイベント自粛の流れが続いています。音楽などのコンサートに関してはほとんどがオンライン化している中「Go To イベント」ではどのような対策となるのか調査しました。

スポンサーリンク

「Go to イベント」キャンペーンについて

Go To イベントキャンペーンとは、チケット販売事業者などを経由して、期間中のイベントやエンターテイメントのチケットを購入した方に、チケット料金の2割相当の割引またはクーポン等を付与することで、イベントやエンターテイメント業の需要を喚起することを目的とするキャンペーンです。

引用:https://travelersnavi.com/coupon/goto-event

 

 

主な支援内容は

・チケット代金の割引(2割引)

・会場等での物販で利用できるクーポン等の付与

・別のイベントやエンターテイメントのチケット購入のみに利用できるポイント等の付与

となっています。
Go To イベントキャンペーンの事業規模は約1,200億円であり、「Go to eat」は616億円と比べると倍近いな金額の規模であるといえます。
スポンサーリンク

「Go to イベント」はいつからいつまで?

イベント主催者の公募は10月26日からとなっており、チケットの販売は10月30日より随時発表されるとのことです。。

第1号としては「USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)」の1日券が発表されました。

USJ1日券 入場期間:11月4日~12月31日まで
例:休日の1日券の場合
・大人は通常8,400円のところ6,720円
・小学生以下は通常5,700円のところ4,560円

キャンペーンの終了自体はまだ発表されていません。ただGo To イベントキャンペーンの事業規模は約1,200億円ということもあるので来年3月末まではあるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

Go to イベントの対象は?

Go To Eventキャンペーンの対象となるのは、新型コロナウイルスにより影響を受けたスポーツや文化芸術に関するイベントを対象にしており、音楽コンサートやライブ、歌舞伎などの伝統芸能、ミュージカルや演劇、映画館、博物館、美術館、遊園地、展示会、野球やサッカーなどのスポーツ、マラソン大会などのスポーツイベントなどがあります。

実際にGo to イベントではコンサートなどが行われるのか?

まだチケットの発表がないので分からないですが、正直難しいのではないかと思われます

その理由はイベントを開催したとしても赤字になる可能性が高いからです。

イベントを開催したとしても新型コロナウイルスの対策はしっかりとしなければいけません!よって入場制限やソーシャルディスタンスを保った状態でなければいけません。そうなるとやはり人件費や設備費などを考えるとチケットが売れたとしても赤字となってします。さらにはもし感染者をだしてクラスターなどが発生しまった時のリスクも考えるとイベント主催者側もやろうとは思わないですよね。

今回のキャンペーンはスポーツやテーマパークなどの赤字でもやることに意味があるイベントへの対象であると思われます。

実際に3月以降ほとんどのイベントが自粛されており、スポーツや歌舞伎なども再開はしましたが赤字が続いている状態です。

なので元々今回のキャンペーンはスポーツ観戦や大規模な施設、屋外でのイベントの為の救済であると思われます。

今後イベントはどうなるのか?

新型コロナウイルス感染の影響で苦しい状況が続くイベント業界ですが、今回の「Go to イベント」ではコンサートや展示会、演劇などはそこまで救済されないのではないでしょうか。ビジネスなんで赤字になるのなら誰もやらないですよね。

今後はオンラインなどで新しいビジネスモデルを作っていく必要がありますね。

また追加情報があれば随時更新していきます。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました