Go Toイートでの鳥貴族でのポイント稼ぎ問題は規制されるのか?鳥貴族の対応を調査

新型コロナウイルスの影響を受け政府は飲食店支援対策として10月よりGo Toイートが始まりました。だが開始早々ポイントを荒稼ぎする「トリキ錬金術」または「鳥貴族マラソン」という言葉が話題となっています。そんなことをして今後政府や鳥貴族は何か規制を行うのでしょうか?今後の対応を調査しました。

スポンサーリンク

Go Toイートでのトリキ錬金術問題

まずはGo Toイートがどのような政策なのかと「トリキの錬金術」について見てみましょう。

Go Toイートとは?

キャンペーンで、消費者は「2つのお得」を選べる。 ひとつは、地域で使えるプレミアム食事券の発行(購入した25%を国が負担する。例:1万円で購入し、1万2500円分使える)。 もうひとつは、ポイントの付与だ。13事業者のオンライン飲食予約サイトを経由し、期間中に予約・来店すると、予約人数につき、ランチ時間帯は500円分の、ディナー時間帯(15時以降)は1000円分のポイントが付与される。

引用:Yahoo!news

予約サイトを利用しなければいけないということが少し手間かもしれませんが、とてもお得な政策ですね。

トリキの錬金術(鳥貴族マラソン)

キャンペーン参加の「鳥貴族」のディナーを繰り返し予約し、来店する行為が効率の良いポイント付与方法としてネットで紹介されているのだ。 これは「鳥貴族マラソン」「トリキの錬金術」などと呼ばれ、実際に、鳥貴族で「とり釜飯」1品だけの会計レシートの画像をツイッターに投稿する人も現れた。 鳥貴族のメニューは基本的に298円(税込=327円)。「イート」で夕食を予約・来店すると、1000円分のポイントが付与されるから、差し引き673円分の「儲け」が出ることになる。 キャンペーン予約回数に上限はない(店によっては設けている)ため、10店舗を回れば、6730円の儲けが出るという計算になる。さらに、付与上限の10人で10回繰り返せば、6万7300円ものポイントが発生する。 ●送客手数料が引かれて、店の売り上げは98円 客側にメリットはあるが、店側は必ずしもそうではない。農水省のキャンペーンページを参照すると、ある予約サイトでは、夕食時に、1人につき200円の「送客手数料」が発生する。となると、イートの客が298円しか支払わない場合、店の売り上げは98円となる。 もちろん、食材費、人件費などを差し引いた利益はもっと少ないし、「鳥貴族マラソン」の予約によって、他の「ちゃんとした」客の利用を失ったとも考えられるだろう。

引用:Yahoo!news

要するに予約・来店すると、1000円分のポイントが付与されるので一品298円(327円)で会計を行えば

1000-327=637ポイントの儲けとなります。
実際のツイートです。

スポンサーリンク

Go Toイートでのトリキ錬金術問題は規制されるのか?今後の対応を調査

農水省ではこれらの問題に対し「理論上問題ない」と発言しています。

実際には違法ではないので現状規制や対策は考えていない方向のようです。

ただ今後このようなことがもっと増えれば考えると発言もされています。

現在は様子見ということですね。

鳥貴族でも現状は「困る」とのことだけで対策や規制はないです。

ただこの事件により鳥貴族の株価は上がったそうですね。

スポンサーリンク

10月8日には政府が対策を検討に

政府は「GoToイート」キャンペーンについて、ポイントの相当額より店舗での利用金額が少ない場合には、ポイントを付与しない方向で検討していると明らかにしました。  加藤官房長官は会見で「通常、付与されるポイントに相当する金額、昼食500円、夕食1000円未満の金額で飲食した場合にポイントを付与しない方向で対応策の詳細を検討している」と述べました。GoToイートキャンペーンを巡っては、オンライン予約で得られるポイントの相当額を下回る飲食で済ませることで差額を得る利用例が相次ぎ、インターネット上では「錬金術」などと指摘されています。野党議員らが制度の見直しを求めていたほか、政府も「国民の公平感に反することはないような対応に向け、検討している」としていました。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/298765cc00f001c732fcca94526934959f3f0632

ついに政府がこの「トリキ錬金術」の問題に対し対策を打ち出しました。

今回は制度の範囲内とはいえ、日本国民の民度が低下してしまった現れだと思われます。
企画を設定した側の社会通念からいえば、ランチで500円以下ディナーで1000円以下は、そうそうあり得ないと判断したのでしょう。
加盟店任せにせず、早々に制度の基本ルールを改正してもらいたいですね。

ネットの声

まとめ

この問題ですが確かに違法ではないのですが、人としてどうなのかと気になりますよね。飲食店を応援する為の政策がポイント稼ぎに変わってしまうのは悲しいです。個人的には応援するためにもっと注文してお金を落として飲食店に頑張ってほしいと思っています!

 

 

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました