今話題のゲーミング家具!デスクやイスなど今売れているのはコレだ!

役立つ情報

今ではeスポーツで人気となったオンラインゲーム。そんなゲーマーたちもプレイする環境にはこだわりたいと思うのは当然であります。そこで今売れているのが「ゲーミング家具」です。

ゲームをするためのこだわった机やイスなどが「ゲーミング家具」です。今回はその中でも最も売れている、そして話題にもなっている家具を紹介させていただきます。

 

スポンサーリンク

家具の選び方

ゲーミングチェア

長時間座り続ける場合が多いので、チェアに密接する太ももや背中などに汗をかきやすくなるため、通気性に優れた生地をチェックするのがおすすめです。

ゲーミングデスク

ゲームに集中するために適切な天板サイズを選ぶことです。シングルディスプレイならインチ数とデスクの横幅を照らし合わせます。2台並べてのデュアルディスプレイなら最低でも130センチほどの横幅は必要です。

またキーボードを利用する場合は60センチ以上の奥行きがあると便利です。

 

 

スポンサーリンク

おすすめブランド・メーカー

DXRACER-GAMING DESK    約57000円

PC操作のしやすさと長時間の利用を想定し、ストレスフリーを追求したデザインとなっています。ゲーミングチェアのみではカバーしきれない姿勢の問題を補ってくれる形状となっています。ゲーム時の姿勢が気になるという方におすすめな商品となっています。

 

FlexiSpot-ゲーミングデスク電動式スタンド    約64000円

高さが自動で調節出来る電動式のデスクです。あらかじめ高さを設定しておくことで、ボタン一つで設定した高さまで自動的に動いてくれるようになっている優れものです。上下の調節ボタンもついているため、細かい調整も可能になっています。

ゲームの内容や種類に合わせてデスク高さを変えたいという方におすすめです。頻繁にデスクの高さを変えるのなら、高さの調節方法が楽なものがいいですよね。電動式のデスクなのでボタンを押すだけ。決まったパターンを登録しておけるのも便利ですね。

 

エーケーレーシング(AKRacing)   約43000円

肩口にあたる部分に極厚のシートクッションを採用。体重をしっかりと受け止め、最適な姿勢で座れる仕様です。臀部や太ももにかかる負荷を背中や腰に分散できる座面チルト機能も搭載しています。

レバーで簡単にON・OFFでき、ロッキングの硬さも調節可能。リクライニングは最大180°まで可能。高さだけでなく、前後や角度の調節もできるアームレストが搭載されているのもおすすめのポイントです。

 

バウヒュッテ(Bauhutte) ゲーミングチェア プロシリーズ HIGHBACK GAMINGCHAIR RS-950RR          約34000円

プロゲーマー向けに設計された高性能なゲーミングチェアです。腰や背中をS字に保つ3Dランバーサポートや首裏にフィットする3Dヘッドレストが付属。42パターンのポジション調節が可能なアームレストが搭載されているのもポイントです。

最大135°までリクライニング可能。シートを揺らせるロッキング機能も搭載されています。座面のクッションには高反発で高い耐久性を誇るモールドウレタンを採用。表面にはファブリック素材が使われているので、蒸れを予防でき長時間でも快適に座れます。

日本人向けに座面が低めに設計されており、154~184cmの幅広い身長に対応できるおすすめ製品です。

 

 

ボッチテント    約10000円

家具とは関係ないのだが、暗闇でゲームに没頭したいゲーマーの定番人気商品。天井部分はファスナー式で開閉でき、両サイドにメッシュ窓がついており、通気性も考慮されているのでエアコンがある部屋なら夏でも熱中症になる心配はなさそうだ。ゲームに集中できると話題になっています。

 

スポンサーリンク

最後に・・・

今回はゲーミング家具の紹介でした。万全な状態でゲームに集中できるというのは、ゲーマーにとってとても嬉しいことですよね。これからの健康的なゲームライフのためにも、自分に合ったゲーミング家具を探してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました