高速道路がETC専用化になるのはいつから?早めに申請しないと間に合わない?

高速道路を使用するにはETCカードを使用するのはご存じでしょうか?

普段から高速道路を利用している人は知っていて当然かもしれませんが、普段利用しない人はETCカードを持っていない方も多いのではないでしょうか。今回は高速道路の料金所のETC専用化が検討されていることからETCカードが専用化するのはいつからなのかについて考察していきます。

スポンサーリンク

ETCカードとは?

ETCカードとは高速道路の料金所で「ETC専用レーン」を通過するために必要になってくるカードです。料金の支払いが無線通信となるのでスムーズに通ることが出来ます。

今では高速道路にはETCカード対応の場所が増えており、渋滞などを防ぐために多くの利用者がいます。

スポンサーリンク

高速道路がETC専用化になるのはいつから?早めに申請しないと間に合わない?

2020年7月2日に共同通信は、「国土交通省は2日、全国の高速道路について、料金所の現金向け有人ブースを廃止し、ETC専用とする方向で検討すると明らかにした」と報じました。

引用:Yahoo!news

新型コロナウイルス感染防止の為でもあり、料金所を無人にしてシステムで行っていくというものですね。人件費の削減にもなるのでいずれは全国的にETC専用になっていくかもしれませんね。駅での改札がICカードの利用が多くなっているように高速道路のETCカードも今は利用率93%です。となると残り7%の為に有人設備継続は非現実的かなと思いますね。現に1万~1万3千円でETC設置が可能なので、年1~2回高速道利用予定者はほぼ搭載しているでしょう。

現在はまだ検討している段階なのですぐに実装するわけではないです。

ですがいずれはETC専用になると思われます。予想ですが2年後の2022年より一部地域で始まり5年後の2025年には全国的にETC専用となると思います。

スポンサーリンク

ETCカードを申請するには?

ETCカードは2種類あります。

「クレジットカード一体型」とクレジット機能がついていない「ETCパーソナルカード」となっている。いずれにしてもほとんどの方はクレジットカード一体型のETCカードを利用しています。それぞれの作り方を見ていきましょう。

ETCカード(クレジットカード一体型)

もしクレジットカードをお持ちの方はすぐに申請可能です。

お持ちのクレジットカードの会社に問い合わせをし追加発行の手続きをするだけ

問い合わせの申し込みはお持ちのカード会社のWebサイトなどから行いましょう。

その後審査期間が数日~数週間ありETCカードが郵送されます。

既にクレジットの審査が通っている為、審査はめったに落ちません!

簡単なので既にクレジットカードを持っている人はすぐに申請しましょう!

 

ETCパーソナルカード

クレジットカードを持っていない方やクレジットカードとETCカードを紐付けたくない方など向けのカードです。

作り方は

まずETCパーソナルカード利用申込書をウェブなどで印刷できるのでそちらに記入し郵送します。次に「デポジット振込依頼」を確認後コンビニ・郵便局で振込をし入金が確認された後ETCパーソナルカードが自宅に郵送されます。

届くまでには2週間ほどかかります。デポジットとは保証金とのことで発行するのにお金がかかります。最低2万円ほどかかるのと年会費1,257円かかるのでおすすめしません。もしETCカードを作るのならばクレジット一体型のカードを作りましょう。

まとめ

全国的にETCカードが普及するのはまだ時間がかかるとは思います。クレジットカードをETC一体型にしているのがまだ普及しきれていない原因かもですね。ただいずれはETCカードが当たり前の時代になるのでこの機会にETCカードを作ってみましょう!

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました